部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. 沖縄 賃貸
  3. 沖縄で叶える自分らしい「うちなー」ライフ

沖縄で叶える自分らしい「うちなー」ライフ

全国へ戻る

ごちゃまぜを意味する沖縄料理「チャンプルー」をはじめ、様々な沖縄文化が「うちなーぐち」と呼ばれる独特の方言とともに全国的に浸透してきました。観光地や芸術文化がクローズアップされがちな沖縄ですが、実際の暮らしを考えてみると、住まいと観光を併せ持つ魅力がより鮮明になってきます。

面積は狭いながらも全国きっての出産率を誇り、また人口密度ランキングでも全国10位にランクインする沖縄では、ニーズに合わせた多彩な住環境が提供されています。観光面では、浜辺の眺め・マリンアクティビティの適性など多様な情報が各地から発信され、首里城を始めとする9つの世界遺産も有名で、北部やんばるには国内希少のマングローブ林も群生しています。その一方で日常生活の利便性に焦点を当てるなら、沖縄県を大きく3つのエリアに分けて考えることができるでしょう。

日本最南端の大都市・那覇と、都市開発の進む南部

日本最小面積の県庁所在地ながら、人口30万人を超える那覇市は移住先としても人気が高く、世界遺産・首里城を擁するのもこの地区です。また沖縄唯一の鉄道「ゆいレール」も運行しているため、交通の要所として他の地区へのアクセスも発達しています。那覇市に近接する南部には、住宅地開発が進む豊見城市や、大型商業施設の出店した南風原町などがあります。
いずれもワンルームなら2万円代からマンションやアパートを探すことも可能で、リーズナブルな賃料で快適な暮らしを可能にする地域です。新築物件も多く、セキュリティやデザインなども希望に沿った物件が探しやすいエリアでもあります。

北部の住宅地・名護と周辺地域

名護市はジンベイザメの飼育展示で有名な水族館を有していて、関連した海洋研究や観光の中心都市になっています。また沖縄自動車道北部終点でもあることから、南の読谷村といった観光地域や、北の亜熱帯森林地域・やんばるにも移動しやすい利便性の良いエリアです。1DKから3DKなどの広い物件が豊富に用意され、自然の中のリフォーム物件や新築木材住宅など、ゆとりある生活を実現するエリアとしてファミリーにも人気があります。駐車場完備の物件も数多く見受けられ、車での移動が多い沖縄の生活でも安心できる条件が整っています。

リゾートライフを可能にする石垣、宮古島

県内離島の中でも先島諸島の石垣市と宮古島市は、それぞれが周辺の島々とのターミナル機能を有しています。首都圏の空港と直通便で結ばれる石垣島と、日本最長の無料連絡橋・伊良部大橋が開通した宮古島。沖縄リゾートを代表しつつ住宅地となっている両市は、他の離島に比べて物件が豊富です。どちらの島でも海や景勝地までの距離といったリゾート地ならではの条件の中から、3~4万円代の手頃なマンションやアパートを探すことができます。一方で伝統的な中古賃貸住宅も視野に入れることができ、多様な暮らし方を提案してくれます。

そして沖縄県に暮らす際に知っておきたいのが、沖縄県地域・離島課の存在です。多くの移住者を受け入れる沖縄県ならではアドバイスとして、民宿等を利用した生活の短期疑似体験も薦めています。行政サポートも充実している沖縄県で暮らすことは、叶わない夢物語ではありません。憧れの沖縄(うちなー)生活が思い浮かんだならまず物件から、沖縄へ「めんそーれ!」(ようこそいらっしゃい)

沖縄で叶える自分らしい「うちなー」ライフ ページ上部へ戻る