部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

楽器相談可 賃貸物件

楽器可物件の特徴としては、室内で楽器を弾いてもいいという点です。楽器を好きな時に演奏したいという方にはもってこいの物件です。楽器可物件のメリットとしては楽器を室内で演奏していても近隣から苦情が来ないという事でしょう。ただし、あまりに大きな音を夜中に出して演奏したり、窓を開けて演奏したりしてしまうと苦情に繋がる事もあるので注意しましょう。楽器可物件の探し方は自分が持っている楽器は大丈夫かどうかを確認しましょう。弦楽器なのか管楽器なのか打楽器なのか、楽器可だからといって全ての楽器がOKでは無いかもしれませんのでまずはそこを確認しましょう。

楽器相談可の物件を探す

Lesson 1ハードルが高い「楽器相談可」物件 物件数自体が少なく条件もさまざま

一人暮らしには厳しい楽器演奏

  • ギターやピアノなど、楽器演奏を嗜む人はかなり多いと思います。バンド活動をしている人、音楽大学で学んでいる人、また単に個人の楽しみとして楽器を演奏する人、その楽しみ方は人それぞれです。いずれにせよ、共通しているのは好きなときに楽器を演奏したい、ということ。

    しかし、一人暮らしの物件では、近所迷惑になってしまうことを考えると、好きなときに好きなように楽器を演奏するわけにはいかないですし、通常の賃貸物件では楽器演奏が禁止されているのが一般的。「そんなに大きな音の出る楽器じゃないから、コッソリ演奏していれば周りにはバレない」などと高をくくっていると、近隣とのトラブルを招きかねません。

    たとえば、「グランドピアノはダメでも、電子ピアノならヘッドホンで聴きながら音を消せるので、周りに迷惑はかからない」などと考える人もいるかもしれません。しかし、ペダルを踏む音や鍵盤を叩く音、鍵盤から伝わる振動なども周囲の住人にとっては、十分騒音になるのです。それに、契約時に禁止されている行為を行うと、家主さんや不動産管理会社から立ち退きを要求されることだってあり得ます。思い切り楽器を楽しみたいのなら、やはり楽器演奏がOKな物件を選ぶべきです。

賃貸物件情報における「楽器」とは?

  • 賃貸物件情報における「楽器」とは、ピアノやトランペットのような大きな音が出る楽器を指しています。もちろん生ギターのようなものも大きな音の楽器に含まれます。一方、エレキギターはどうでしょうか。エレキギターはアンプを通さなければ大きな音が出ないですし、アンプを使ったとしてもヘッドホンなどでスピーカーから音を出さなければ問題ないような気がします。

    音量を適正に調節しながら弾くことができるなら、エレキギターはミニコンポなどのオーディオ機器よりも静かな存在だと言えなくもありません。しかし、だからといって、個人の判断で演奏するのは禁物です。やはり契約時など、事前に事情を説明して許可を求めるべきでしょう。

    ただ、楽器演奏がOKな物件といっても、それほど物件数が多くないのも事実。また、「楽器相談」や「楽器可」といった具合に、表記によって物件のタイプが異なったり、演奏できる楽器が異なったりすることもあります。いずれにせよ、防音設備が完備されているような無条件に楽器演奏がOKな物件の数自体少なく、そこはどうしても家主さんや不動産管理会社との交渉次第、という側面もなきにしもあらずです。

Lesson 2「楽器相談可物件」のタイプもいろいろ オーナーや不動産会社に条件の確認は必須

大きく分けて4つのタイプ

  • 一口に「楽器演奏がOK」な物件といっても、賃貸情報などには「楽器防音物件」「楽器遮音物件」「楽器可物件」「楽器相談物件」といった具合に、その表示方法にはいくつか種類があります。これは単に呼び方の違いというだけではなく、条件なども異なってきますので注意したいところです。本特集でいう「楽器相談可物件」は、この4つのタイプ全てを含めた総称とします。

    まず、「楽器防音物件」ですが、これは防音設備が完備されており、契約上24時間いつでも楽器が演奏できる物件です。単に防音というだけでなく、音の反響効果と吸音効果のバランスを考えた構造を備えた設備もあったりします。従って、同じマンションやアパートの入居者に音漏れによる迷惑をかけずに、気兼ねなく部屋で演奏を楽しむことができます。音大生のような人たちには、こうした物件がお勧めです。もちろん、一般の物件にはない設備がある訳ですから、家賃は多少割高になってしまうことは否めません。

    一方、「楽器遮音物件」は完全防音ではないものの、何がしかの遮音対策がなされている物件のことです。完全な防音ではないので、夜中の楽器演奏がNGであることが多いです。ただし、「防音」も「遮音」も全く音が漏れないということを保証するものではありません。防音・遮音効果は音圧や音域、楽器の種類、物件の構造によっても異なってきます。自分では大きな音を出していないつもりでも、楽器によっては大きく音漏れすることもあるので、楽器を演奏する際には、十分注意することが必要です。

入居後に「楽器不可」になることも

  • 「楽器可物件」と「楽器相談物件」は防音設備もなく、遮音もされていない一般の物件です。前者は、常識の範囲内であれば楽器演奏はOKというものです。たとえば、入居者のほとんどが楽器を演奏する人たちだったりするような物件です。ただし、楽器の種類にも制限があることが多く、本格的な弦楽器の演奏は禁じられていることもあります。

    後者の「楽器相談物件」も「楽器可」とほぼ同じなのですが、貸し手側の事情が大きく左右することがあります。たとえば、長らく借り手が見つからない物件だと、長く空き部屋になるのを防ぐために、本来は「楽器不可」の物件であっても「楽器相談物件」となることがあります。ただし、注意したいのは、入居契約時には「楽器相談」だとしても、後からほかの入居者から苦情が出れば、禁止される可能性もあるということです。

    以上、4つのタイプについて説明しましたが、必ずしもここに書かれている通りの条件ではありません。いずれにせよ、家主さんや不動産管理会社に条件の確認をしておくことは必須です。とはいえ、防音や遮音の物件であれば、演奏時間の明記がされているし、内覧時に問い合わせれば演奏可能時間をちゃんと答えてくれます。

Lesson 3「楽器相談可物件」の探し方 音大が立地する駅の前後2~3駅が狙い目

物件数が少なく探すのが大変

  • 前述したように「楽器相談可物件」は数が少なく、探すのがなかなか大変。とはいえ、見つけるコツのようなものはあります。ポイントとしては、音楽大学があるエリアに立地する物件を狙うことです。なぜ音大があるエリアなのかというと、音大があると楽器を演奏する人たちが多く集まるので、近隣には「楽器相談可物件」が多くありそうだ、ということです。目安としては、音大のある駅の前後2~3駅の範囲で探すと見つかりやすいのではないでしょうか。需要と供給の関係に従うということですね。

    ようやく見つけた「楽器相談可物件」。でも、条件によっては演奏できない楽器もあります。比較的、音が大きくて音や振動が壁を通り過ぎてしまう楽器は、不可とされるケースもありますので、念頭に置いておくことが必要です。具体的にはトランペットやサックス、トロンボーンなどの管楽器、ドラムなどの打楽器がNGとなることが多いようです。

「楽器相談可物件」は静かじゃない?

  • 「楽器相談可物件」といっても防音設備のない一般の物件であるものも存在するし、設備があっても全く音が漏れない保証はない、ということは前述しました。「楽器相談可物件」というと、隣室の音が聞こえてこないというイメージがありますが、むしろ「楽器相談可物件」は音が聞こえてくると考えておいたほうがいいでしょう。

    なぜ音が漏れるのに楽器演奏がOKなのかというと、それは入居者みんなが楽器を演奏するので、音が漏れてきてもお互い様ということで演奏が許されるのです。なので、「楽器相談可物件」に住むには、他人の音漏れに寛容であることが求められます。ただ、四六時中演奏していると、同じ建物の住人はともかく、建物の近隣に騒音で迷惑をかけてしまう恐れがありますので、多くの物件で楽器を演奏できる時間が設定されています。一般的なのは、朝9時~夜9時が演奏可能時間です。もちろん、物件によって演奏可能時間が異なることもありますので、物件を探す際は演奏時間を確認すべきです。

    いずれにせよ、「楽器相談可物件」は数自体が少ないので、あまり条件にこだわりすぎると部屋が見つからない、という羽目になってしまうことも。部屋で楽器が演奏できる、という条件以外は求めないという割り切りも必要になってくるかもしれません。

賃貸のプロがお部屋探し!最短2ステップでかんたん! かんたんリクエスト 今すぐチェック

その他のこだわり条件

都道府県から楽器相談可物件を探す

楽器相談可物件 ページ上部へ戻る